2018年3月沖縄西表島ヨガリトリート

沖縄西表島で大自然のヨガとマクラメ編みの旅へ

2018年3月は日本最大の秘境と言われる沖縄の西表島でヨガとマクラメ編みをコラボしたリトリートを開催致します!
島全体がジャングルのような西表島には、マングローブや川、山、滝などここでしか味わえない見所スポットがたくさんあります。
新月の夜は、雲がなければ空一面に星空が広がり、まるで宇宙に佇んでいるかのよう。神秘的な静けさの中で、ゆっくりと自分自身と向き合うヨガやメディテーションを行いましょう。
朝は、海で朝日を感じながらビーチヨガをして自然のエネルギーをたっぷりとチャージ。 大自然の宝庫、西表島で自然の中に自分の内側を解放するようなヨガの旅をしてみませんか?

マクラメ編みとは、紐と紐を組み合わせていくシンプルな技法のこと。
地球からの贈り物である天然石。ピンときた石を選んで頂き、ネックレスやブレスレットを旅の中で一つ仕上げていきます。
編み込んでいく時間は、「今」に集中していく瞑想そのもの。
砂浜で海や広い空を感じ、のんびりと編んだり、
夜空の下で星空を見つめて静かに没頭して編んでも良い。
自分のペースで、好きな時間に、西表島の自然をたっぷりと感じながら、
旅の思い出に残るオリジナルのマクラメジュエリーを一緒に作っていきましょう。

マクラメジュエリー講師: Sayaka
Linowa https://www.linowa.com

西表島で暮らすように過ごす新月星空ヨガリトリート

●開催日:2018年3月17日(土)〜3月19日(月)2泊3日
●滞在先:AmaYurA天響
●住所:沖縄県 八重山群 竹富町 南風見508−22
●催行人数:4名様
●参加費用:58,000円
●含まれているもの
2泊分宿泊費(2人部屋となります)
朝食
全てのヨガ参加代
マクラメジュエリー材料費
●費用に含まれないもの:航空券代、石垣島からの往復フェリー代、保険代、その他アクテビティ代、昼食代、夕食代

【スケジュール】

3月17日(土)
西表島大原港まで、石垣離島ターミナル発13時もしくは14時40分のフェリーでお越し下さい。到着時間に合わせて大原港までお迎えにあがります。 その他の時間帯でお越しになる場合はバスでお宿まできて頂くことになります。
※お申込み頂いた方へフェリーとバスの詳細を別途ご案内致します。

19時頃 夕食はお宿の近くにある島のご飯屋さんへお連れします。
みんなで自己紹介やお話をして、沖縄の島料理を美味しく頂きましょう。

21時 新月のヨガ&メディテーション
新月の日は、雲がなければ一面の星空。 島の静けさの中でゆっくりと自分自身と向き合う神秘的なひと時を過ごします。

3月18日(日)
7時 モーニングヨガ 暖かかったら近くにある浜辺でビーチヨガ、肌寒ければ室内で行います。

8時半頃 お宿へ戻り朝食

フリータイム
自分に合った石を選び海を見ながらマクラメ編みをしたり、お散歩したり、行きたい所へ行ってのんびりと西表島観光。

19時頃 夕食はどこかで食べるか、お宿でみんなで何か作っても。その時の気分で決めましょう。

21時 星空の下でメディテーションしたり、マクラメ編みをしたり。ゆったりとした島の夜を過ごします。

3月19日(月)
7時 モーニングヨガ

8時半頃 お宿へ戻り朝食

10時 チェックアウトし自由解散。 そのまま一緒に西表島でゆっくりしても良いし、お帰りの場合には大原港までお送り致します。

※内容はその時に応じて変更します。 ご予約ご質問はお問い合わせフォームからどうぞ。

【自然と地球と繋がるお宿AmaYurA天響】
宿泊先は、自然と地球と調和するとても素敵なゲストハウスAmaYura.
まるでお友達のお家に帰って来たかのような安心感と居心地の良さ。
虫や植物、自然と共存し、島時間の流れているこのお宿でヨガやマクラメ編みをしたり、ハンモックに揺られたり。
海にも近いので、サトウキビ畑を歩いてお散歩するのも気持ちが良くておすすめ。
都会のような便利さはないけれど、ここにいると何か大切なことにきっと気がつくはず。

【身体と心に優しい朝食】
朝食は、身体に優しい天然酵母のパンや南国の太陽をたっぷりと浴びて育った
フルーツをお出しします。
朝ヨガの後に、島の自然を感じながらゆったりと身体が喜ぶ朝食を頂きましょう。
お宿にもオーガニックの調味料が揃っているので、夕飯はみんなで何か作ることもできます。

【ヒノキ材を使用した寝室】
ヒノキで作られた寝室は、心身ともに癒されリラックスできます。
寝具も麻かオーガニックコットンのものをご用意。
窓からはガジュマルや月桃が見られ鳥や虫の鳴き声しか聞こえてきません。
ぐっすりと休むことができ、自然の光や音で目覚める朝は格別。
手作りでリノベーションされたお部屋は、自然や地球の温もりを肌で感じることができます。

PAGE TOP